FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一

こんにちは、のぶです。

人は年を取るにつれて新たなチャレンジ精神が芽生え、今までに経験したことのないことにチャレンジしたくなると、誰かが言っていたような気がしますが、まさしく私の週末はその通りでした

タイトルの通り、日本一、そう、富士登山です

私自身、登山とは無縁だったし、正直興味のある分野でありませんでした

今回も無理やり誘われる()ようなことがなければ、間違いなく一生富士山に登ることがなかったと思います

さて、登山初心者である私は、まずはスポーツショップで店員さんを捕まえ、とりあえず富士登山に必要なものをすべて教えてもらい購入しました。その際、初心者の私にずっと付き合っていただいたゼビオ浜松宮竹店の大場さん、ありがとうございました

仕事とは言え、あそこまでの長時間付き合っていただいたことに感謝です。

さて、道具はそろっていざ出発

浜松を土曜日の17:30出発、途中清水から合流したオリエンタルフーズの3名を拾い、富士5合目に到着したのは22:00頃でした。

ちなみに今回は河口湖口(富士スバルライン5合目)からのスタートです。

そこから高度順応のため、約50分ほどうだうだ過ごし、富士山アタック開始が23時

5合目→6合目は順調でしたが、6合目→7合目と急に地形が変化し、7合目から8合目までは本当にハードでした

無事8合目に到着したら、いい感じでご来光

本当に、本当に綺麗でした
__+(3)2_convert_20110808101233.jpg

8合目で若干長めの休憩をとった後、最後の強敵8合目→9合目、9合目→9.5合目へのアタック開始です

ガイドさんには言われていましたが、8合目から本当に、本当にハードでした

それまでは高山病もさほど気にならず、順調に登ってきましたが、8合目過ぎると全く別世界

なかなか前へ進めませんまさに牛歩状態でした

しかも今季最高の8500人が登った日だったので9.5合目から山頂までが大渋滞

ま、ある意味ゆっくり登れたのでよかったかも知れません

そして、アタック開始から8時間、ようやく登頂

感動もひときわと思って山頂を目指しましたが、いざ登頂すると、安堵感と疲労感が入り交ざる不思議な感覚で、とにかく感動よりもうれしかったです

__.jpg

さて、富士は登るだけではありません。当然登ったら下る作業がまっています

山頂で約40分休憩してからいよいよ下山開始。

しかも、これがまたハードでハードで…

ただでさえ登るために体力を使って、ほとんど消耗した体にムチを打って、かなりの急こう配の下山道をひたすら
ジズザグで降りてくる…しかも足場は不安定。

始めは全く降りれず、”これはヤバい”と思いましたが、ここは経験者のコンサルタンシー渡辺さんのアドバイスが効きました

ゆっくり降りるより、小走り感覚でジズザグを繰り返して降りてみたら、キツかったですけどなんとか2時間で降りてこれました。

降りたら天国他のメンバーの下山を待ちながらビールと焼きそばをいただきながらまったりしてました

全員揃ったらスーパー銭湯へ向かい、一っ風呂そして帰りのバスは大大爆睡

さすがに徹夜で登山したので疲労困憊って感じでしたね

今回の登山を終えて、まず感じたのは、山は本当にハードだし、ナメテかかったら絶対だめってことと、体力も当然必要ですが、一番は精神力が問われるということですね

何度もくじけそうにはなりますが、最後の一歩は精神力だと強く実感しました

下山後は二度とやりたくないと思いました、一夜明けて、また登ってもいいかも、と思うようになってきました。

ブルーリンクスタッフでも登りたい人がいっぱいいるので、来年はブルーリンク富士登山を企画するかも知れません

最後に、今回の登山を企画していただき、いろいろアドバイスをいただいたコンサルタンシー渡辺さん、ガイドにみやちゃん、一緒にアタックしたメンバーにお礼を申し上げます本当にいい経験をさせていただきありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。